◆製品提案 「室外機用ユニット TSUシリーズ」

 

pdficon_large 室外機用「TSUユニット」施工提案

 

 

題名(TSU)

 

 

共通架台の防振ユニット化:TSUで機器の耐震化、施工時間の短縮を考えてみませんか?

 

 

【TSUユニットの特徴】・標準防振架台に比べ、防振性能が高い。防振性能(約 4Hz~6Hz)

 

・共通架台に機器を据付するだけで全体防振が出来るため、施工性が良い。

 

・防振材のみで水平耐震2.0G(鉛直耐震1.0G)がとれるため地震に強い。

 

・防振材の設置条件など、現場の条件に左右されるため、事前打ち合わせが必要です。

ふきだしTSU

 

 TSU図 TSU図 材質表

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 【地震時の動き】

 

マルチユニットイラスト

     TSUユニット化では架台と機器はボルトで固定されているため、架台全体が揺れたとしても機器同士が接触する
     ことは機器脚部が破損しない限りは考えにくい。

 

 

 標準型ユニットイラスト

     標準防振架台は架台ごとに固有振動数が異なるため、機器ごとに異なる動きをする。その為、機器同士の間隔が
     狭い場合は接触する懸念がある。

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

【施工性のアップ】

 

①基礎上にTSUをセット。 ②共通架台を設置し、機器を乗せる。 ③機器と共通架台をボルトで止めて固定完了。
施工性UP1 施工性UP2 施工性UP3

 

・TSU本体の重さは約8kgと、通常防振架台約20kgに比べ軽量・コンパクトなため、施工性が良い。

 

・機器は共通架台に直接乗せるため、通常防振架台の調整に掛かった時間を短縮できる。

 

※TSU検討時に最低限必要な資料

①機器配置図  ②型番のわかる機器一覧表  ③独立基礎(ゲタ基礎)や鋼材ベースの条件や形状、寸法のわかる図面

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

題名(V E)

 

室外機における防振は下記表を参考にご選定ください。

 

性能・耐振・価格特長ゲタ基礎

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

【施 工 例】

 

1
2 3

 

 

※室外機防振VE検討に最低限必要な資料

 

①配管機器図  ②型番のわかる機器一覧表

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

【実測データによる防振材の比較】周波数
振動数値

個人情報保護方針
反社会的勢力に対する基本方針