株式会社TOZEN(トーゼン)

| サイトマップ |

Language

株式会社TOZEN(トーゼン)

 
  • 1 見積り

技術情報

建築設備機器防振検討に必要な資料

  • 設備機器関係
    形状、重量、振動源の回転数(rpm)、取付図、重心位置、 防振材種別と防振材の個数
    機器メーカー標準防振材の場合は、総合バネ定数。 尚、空調機の場合は防振材上の重量
  • 設備機器配置関係
    機器が設置されている平面図(階と通り芯位置)
  • 建築関係
    機器が設置されている床の仕様。 コンクリートの種類 スラブ厚 梁寸法
    機器が設置されている床の仕様
    数字 名称
    大梁
    厚さt(m)
    Lx・Ly
    床板
  • 機械室と評価部屋の関係による減衰量
固体音領域:-8dB
体感領域 :-8dB
固体音領域:-8dB
体感領域 :-8dB
固体音領域:-8dB
体感領域 :-8dB
固体音領域:-5dB
体感領域 :-5dB
機械室 固体音領域:-5dB
体感領域 :-5dB
固体音領域:-5dB
体感領域 :-8dB
固体音領域:0dB
体感領域 :-8dB
固体音領域:-5dB
体感領域 :-8dB

※日本建築学会 建築物の遮音性能基準と設計指針 第二版 引用

その他詳細についてはお問い合わせください