株式会社TOZEN(トーゼン)

| サイトマップ |

Language

株式会社TOZEN(トーゼン)

 
  • 1 見積り

技術情報

施工上の留意点

支持部材の納まり

Hシステムを採用するに際しては、支持部材の納まりを考慮してスラブ下面から配管芯までの距離:h 以上を確保してください。
この距離:hが確保できない場合は、施工方法が異なります。


免震量800mm時は別途ご相談ください。

数字 説明
1300mm以上

<h:1300mm以上確保できない場合の施工方法>

上記施工の有効h距離

材質 免震量(mm) h(mm)
ゴム 300~600 700
700 1000
メタル・フッ素樹脂製 300~500 700
600 800
700 1100

支持部材のアンカーボルトの引抜強度

アンカーボルトの選定は当社で検討いたします。
下記にアンカーボルトの引抜強度の計算方法を記します。

コントロールサスペンション内蔵のコイルばね仕様

型式 標準吊り荷重
(Kgf)
許容撓み量:δ
(mm)
ばね定数
(kgf/mm)
TZM-25(S) 25 300 0.5
TZM-100(S) 100 300 2.0

アンカーボルトの引抜強度の計算

  • X:配管水平移動量(免震量)
    L1:配管吊込み距離
    L2:水平移動したときの配管つり込み距離
    L3:コントロールサスペンションの作動吸収量
  • X=( )mm(設計免震量)
    L1:各Hシステムのセット図を参照
    L2=√X2+L12
    L3=L2-L1
    静荷重時のコントロールサスペンションの撓み量
    δ=w/k
    地震時のコントロールサスペンションの合計撓み量
    δ`=w/k+L3
    K:コントロールサスペンションのバネ定数
    w:エルボ管・免震継手の重量
    ここにδ`<300mmならばOK
  • ●アンカーボルト1本あたりに働く引張り力
    R=δ` × K/n・・・(kgf)
    δ`:地震時のコントロールサスペンションの撓み量
      K:コントロールサスペンションのばね定数
      n:アンカーボルト本数(通常n=2)
  • ●アンカーボルトの選定
    上記R値を満足するアンカーボルトまたはインサートをご使用ください。
    尚、アンカーボルトの選定については建築設備耐震設計・施工指針((財)日本建築センター編)をご参照ください。